ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


盗難カードも補償検討
最近話題の銀行のキャッシュカードに関するニュースです。
伊藤達也金融相は15日の閣議後会見で、盗難キャッシュカードによる預金引き出し被害について、被害補償の在り方や金融機関の犯罪防止策の本格的な検討を始める方針を明らかにしました。偽造カードだけではなく、盗難カードの被害も金融機関が補償すべきだとする意見や要望が相次いでいることに配慮し、有識者で構成する「偽造キャッシュカード問題に関する研究会」に対し、盗難カード対策を検討項目に追加するよう要請するとのことです。同庁が対策に本腰を入れることで、金融機関側の対応が遅れていた被害者救済が大きく進む可能性が強まりました。

***************************

全国銀行協会がまとめた業界自主ルールでは、盗難カードは補償対象外となっていましたが、金融庁が盗難カードも含めた補償を検討することになったことから、業界でも新たな対応が出てくるものと思われます。確かに、カードを盗まれるのは自己責任かもしれませんが、よく考えると、庶民は、現金を自宅のたんす預金にしていて、盗難に遭うリスクを回避するために、金利もほとんどつかない銀行に虎の子の資金を預金しているわけで「銀行に預けていたのに盗まれました」はやっぱり無しだと思いますです。カードは盗まれても預金は安全でないと、銀行に預ける意味が無いと思いますもの。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。