ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


証取法改正案の審議開始-時間外取引の規制強化へ-
 本日衆院本会議で、上場株式の時間外取引の規制強化などを盛り込んだ証券取引法改正案の趣旨説明と一般質疑が行われ、法案の審議がスタートしました。
 本改正案は、3月11日に閣議決定されたもので、ライブドアが東京証券取引所の時間外取引を利用して大量のニッポン放送株を取得した問題に対応し、上場企業の株式の保有比率を3分の1超まで買い進める場合は、株式の買い取り数や価格を事前に公表する株式公開買い付け(TOB)を採用するよう義務づけています。
 法の抜け穴を使った取引を防ぐため、成立後の公布から10日後という異例のスピード施行となっています。

****************

 今回の法令化への対応は、他の法案では考えられないほど素早い対応で驚きました。多分、本案件については、各政党とも異議なしということで、あっという間に可決されるものと思います。そして記事でも指摘されているように施行までの短さも異例中の異例だと思います。普通は公布から施行までは、半年とか来年度からとか、法案そのものが一般に広く認知されるまで、時間を置くものなのですが、10日というのにはかなり短く、周知徹底のための正式な印刷物さえ、間に合わないのでは?と思うくらいです。この事件が経済界に与えたインパクトが、どれほど大きいものだったかを今更ながらに再認識させられる思いです。
 あの時点での法律で禁止されていたかった以上、ライブドアの行為は違法とはいえないのでしょうが、実質は法の抜け穴を利用した違法性の高い行為だったということだと思います。
 ライブドアという会社(または堀江さん)の動きをみていると、まるで新しい先駆的な取り組みによって、現行法の不備をあぶりだすリトマス紙のようだと思います。ライブドアの前に法は無い、ライブドアの後ろに法はできる。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。