ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出所から5年以上所在確認-子どもへの暴力的性犯罪者-
19日、警察庁は、子どもを対象とした暴力的性犯罪の前歴者を出所後、原則5年以上、「再犯防止措置対象者」として登録し、管轄の警察署はその間、継続的に居住を確認するなどとした再犯防止策をまとめ、6月から実施するよう全国の警察本部に通達しました。この防止策は、13歳未満の子どもを狙った暴力的性犯罪の出所者情報を、法務省が6月から警察庁に提供するのに合わせて開始されます。

情報の登録・解除の流れ
 ・出所約1か月前に出所者の居住予定や出所日などの情報を法務省から警察庁へ提供
 ・警察庁は、再犯防止措置対象者として登録し、居住予定先の警察本部に通知
 ・警察本部は、この情報を管轄の警察署に伝え、警部以上の担当官が、
  実際に居住しているかどうか確認
 ・定期的な確認を続け、転居したことが判明した場合は転居先の警察署に確認作業を引き継ぐ
 ・所在不明の時は、警察庁が、他の警察本部にも情報収集を指示
 ・登録期間は原則5年以上。前歴が複数ある性犯罪者は10年以上
 ・各期間の終了時、言動などから再犯の恐れが明白な場合を除き、警察本部長が、
  警察庁に登録の解除を求める

この情報の取り扱い
 ・前歴者が子どもへの声かけなどをしたと判明した時は、犯罪に至らなくても管轄の
  警察署が警告
 ・性犯罪の捜査に活用
 ・警察署による所在確認は、前歴者の更生が妨げられないよう家族や近隣、
  勤務先への接触は避ける(ただし、所在不明で再犯の恐れが高い時には
  聞き込みなどを行う)
 ・情報開示は管轄の警察署の担当官や補佐する署員など必要最低限にとどめ、
  その人数を署長が把握する

因みにこの制度、既に決まっている13歳未満の子どもに対する性犯罪に加え、殺人や強盗、窃盗など約20罪種も対象とすることで合意したそうです。

**********************************************

 これまで犯罪者の人権を守るということで、前歴者の所在については警察も把握していない状態でしたが、ようやく防犯の取り組みが始まります。特に性犯罪については、再犯者が多いと聞きますので、被害を未然に防ぐ有効な取り組みになることを期待しています。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。