ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


年金基金-04年度運用、2兆円超の黒字で累積損失解消-
 厚生労働省は14日、厚生年金と国民年金の積立金を運用する特殊法人「年金資金運用基金」の2004年度の運用結果が2兆2419億円の黒字だったと発表しました。積立金は両年金の保険料収入から年金給付額を差し引いたもので、同基金の運用が黒字となったのは2年連続。旧年金福祉事業団から引き継いだ資産を含む運用の結果は、04年度末の累積で6008億円の黒字となり、発足以来初めて累積赤字を解消しました。
 黒字が一定基準を上回ったため、本年度は国の厚生年金勘定に7522億円、国民年金勘定に600億円の計8122億円を納付、それぞれの年金給付に充てられます。国庫納付も発足以来初めてとなります。
 基金は87兆2000億円(うち28兆6000億円は財投債)を運用。04年度の財投債を除く市場運用分は、2兆3843億円の黒字。財投債の収益額2284億円を加え、借入利息などを差し引いても2兆2419億円の黒字となりました。収益率が15・43%に上った外国株を中心に運用益を上げたもので、基金は「世界的な景気回復基調や、為替の円安効果があった」と分析しています。
 また同省は、積立金のうち政府の財政融資資金預託分(約76兆円)についても04年度は約1兆7200億円の利子収入を見込んでおり、積立金の全体収支でも約3兆9600億円の黒字になるとの見通しを示しました。

************************************
 やっぱり運用ですよね。集めるところからビシっと集める。無駄な(わけのわかならい施設をつくったりとか)出費は金輪際しない。そして、賢く運用する。これが基本です。いろいろ問題の多い年金ですが、赤字が解消したことで、少し明るい展望が持てるようになったのではないでしょうか。これを機会に好循環でまわしていってほしいものです。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。