ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


公立小中「40人」学級を継続
文部科学省は2006年度から5年間の公立小中学校の学級編成について、引き続き「40人」を標準とする方針を固め、月開く有識者会議でこの方針を決定する予定です。

理由としては下記の3つがあげられています。
1)少人数学級には新たに7800億円の財源が必要
2)食育基本法成立や子供の読書充実のため、栄養教諭や司書教諭の増員も必要
3)全国一律の導入は、学校ごとの柔軟な教育を妨げる

************************************

 私は少人数学級には反対なので、特に今回、このような方針に決まったことには異存はありませんが、その理由については、ちょっと待った!です。なんだかこの理由、かなりご都合主義で、本当に子供たちの教育をどうしていくのか、国としてどこを目指そうとしているのかを考えると、てんで論外だと思います。
 私としては、人数学級よりも複数担任制。どっちも予算は掛かりますが、教育の現場での問題、子供たちの学力低下の問題を考えると、これも本当は待ったなしの状況まで来ていると思うのですけどね。まあ、その結果が出るのが、10年後20年後になるので、今がそういう状況なんだと気が付いてないのでしょうかねぇ。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。