ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海水浴場で海面に落雷、8人感電し2人が心肺停止
 31日午後、千葉県白子町の中里海水浴場で波打ち際の海面に落雷が2回あり、近くにいた17~33歳の男女8人が感電して病院に運ばれました。このうち2名が心肺停止状態とり、1名は一時肺停止状態となりましたが回復、残る5名は軽症ということです。

 同県全域には同日午前11時48分に雷注意報が出ており、同海水浴場でも、落雷の約20分前から激しい雷雨となり、監視員5人が遊泳客を浜辺に誘導している最中でした。監視員1人も落雷で感電。同海水浴場には当時、約2500人の海水浴客がいました。居合わせた海水浴客が倒れた人を海の家に運び、心臓マッサージなどの応急処置を施したとのことです。

 銚子地方気象台によると、海面への落雷は珍しくないといい、「落雷の恐れがある時は、すぐに建物や車などの中に避難してほしい」と注意を呼びかけています。

***********************************

 海の落雷は、かなり怖いものらしいです。建物がないので、高いところに落ちるというわけではなく、水面の金属に反応して落ちることもあると聞いたことがあります。つまり遊泳中にアクセサリーをつけているとそれだけで危険度が増すということです。普通の生活シーンでは、今時はたいていのところに、避雷針がついていて、人に落ちるという話はほとんどなくなっているので、雷の危険性を忘れていることが多いのですが、海では、本当に充分な注意が必要です。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。