ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


羽田空港管制ダウン 1時間後再開
 二日午前十一時半ごろ、羽田空港の管制塔の電源がダウンし、管制システムのほとんどが使えなくなりました。このため同空港は航空機の離着陸をすべて見合わせ、約一時間後、システムの復旧により、離着陸を再開しました。国土交通省は対策本部を設置し、原因などを詳しく調べています。
 航空会社によりますと、羽田空港に着陸予定だった二十一便が成田、名古屋などの各空港に目的地を変更したり出発地に引き返し、後続の十二便が欠航しました。フライトプラン(飛行計画)を管理するシステムの復旧が遅れており、後続などに影響が残りました。
 大阪空港では日本航空の羽田行き一便が欠航したほか、日本航空と全日空の計七便に遅れが出て千七百人以上に影響。関西空港では羽田行きスカイマークエアラインズ204便の出発が遅れ、乗客約百人に影響。
 国土交通省東京空港事務所によると、ダウンしたのは羽田空港ターミナル近くにある同事務所庁舎のうち、管制塔のみの電源。無線やレーダーなどほとんどの管制システムが使えなくなり、九分後に非常用電源にいったん切り替わりましたが、電源回復には至らなかったとのことです。正午すぎに別の電源に切り替え、通信機器などが復旧。さらに午後零時半ごろまでにレーダーシステムが回復しました。

***********************************

 工事や、災害等ではなく、通常状態で電源が落ちるというのも珍しいことですが、非常電源で回復しないというのは、問題ですね。それでは非常電源になってないということですよね。非常事態になってみて、初めて動かないとわかるというのでは、リスク管理が甘いと言われても仕方ないでしょう。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。