ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初めて半年間で3万1000人減少
 23日に厚生労働省が公表した人口動態統計(速報)によりますと、今年1~6月の出生数が53万7637人だったのに対し、死亡数は56万8671人で、半年間に人口が3万1034人減少したとのことです。半年単位で死亡数が出生数を上回ったのは初めて。同省は「05年は通年で初の人口減に転じる可能性は否定できない」と見ており、政府の想定より2年早く「人口減少社会」が訪れる可能性も出てきました。
 今年1~3月は、インフルエンザが流行したため死亡数が毎月10万人前後で推移。このため、死亡数合計では前年同期比2万2558人増の30万9232人。これに対し、出生数は少子化傾向に歯止めがかからず、27万78人で前年を1万1710人下回り、その結果、1~3月の人口は3万9154人の減少。4~6月は死亡数は減ったものの、出生数は横ばいのままで、半年間の累計でも3万1034人減少しました。

****************************************

 前半に比べると後半は、例年、死亡者数が減るんだそうで、年間の人口が本当にマイナスに転じるかは、わからないということですが、とうとういずれにしてもここ数年で、人口減少時代にはいるのは間違いないでしょう。自治体の取り組みで、第三子からの手厚い補助政策に乗り出しているとことがありますが、実はまず1人目なんじゃないでしょうかねぇ。そこのハードルが高いという気がします。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。