ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ライブドア元幹部が供述-不正発覚回避で海外と相対取引-
先週、突然始まった東京地検特捜部によるライブドアの家宅捜索には、本当に驚きましたが、ライブドアのやってきたことは、「そりゃやってたでしょう、何を今更いうのよ。」という感想を持ちました。
私がライブドアを知ったのは、プロ野球球団の買収の話しでマスコミをにぎあわせたあの時でした。あの件では、ちょっと気の毒な気がして同情してしまいましたが、それからちょっと興味を持ってライブドアという会社のことを調べてみてビックリ。「こんなことが許されるのか?」と、その時から私はちょっと怒りにも似た感情をもって見ていました。
当時の一般的な解釈では、どうやらライブドアのやっていることは法律違反ではないらしいという話でした。法の不備をつく行為で、良いか悪いかといえば悪いことだけれども、法律違反かといわれれば、取り締まる法律がないので、法律違反ではないという解釈。その時の私の感想は「ライブドアの前に法律はない。ライブドアの後ろに法律はできる。」というものでした。
法に触れなければなんでもしていいというスタイルは、私には理解できないものでした。特に会社というのは、営利を追求する一方で、社会的な側面を持っているものだと私は思っているので、ライブドアという会社の存在意義にはかなり疑問を持っていました。IT企業といわれながら、ほとんどIT技術のない会社で、社会に何かを提供しているわけでもない会社。ただ株を動かして、実態無く膨れ上がっている会社。ある意味バブルな会社だと思っていました。しかし一方で、ライブドアをもてはやす風潮は強く、法律の不備をついて大儲けするヤツが頭のイイヤツというような風潮が一気に広がって、前回の選挙では、あと一歩で自民党の候補になるところでしたので、「ああいう存在が社会的に認められ受け入れられたのか。」と思っていました。なので、今回の強制捜査には本当に驚きました。
まあ、証拠固めなどで準備に時間がかかったのでしょうが、この時期ではなく、もっと早い段階で強制捜査に踏み切れていれば、ここまで社会的な影響はでなかったのではないかなというのが正直な感想です。1年前ならば、ここまでライブドアという化け物が巨大化せずに済んだと思うのですけどねぇ。でも、物事に遅すぎたということはないとも言います。これを機会に「お金が全て」という風潮が少しでも変わればと思います。株式市場にしても、マネーゲームの場ではなく、実態の伴った健全な市場の育成が、本当の意味での日本の経済の活性化につながると思います。
ライブドア関連の企業ですが、一部にはちゃんと実態のある事業を展開している会社もあります。セシールなどはそうだと思います。けれども、ライブドア本体や、今回の捜査で名前が上がっている幹部の会社などは、マネーゲーム以外には事業の実態がほとんどない会社もあるわけで、あれだけの総資産の会社が日本の経済社会から消えても、株で損をしたという人以外には、実害がないというのも本当におかしな話しだなと思いますです。もともと何かしらの製品やサービスで、社会に貢献していた会社ではないので、企業の存在そのものがバブルだったんだなと今は思っています。
スポンサーサイト

仏の出生率1.94、育休など手厚い支援策奏功
日本経済新聞の記事によりますと、フランスの2005年の新生児の出生数は80万7400人と三年連続で増加し、1人の女性が1生に産む子供の数を示す合計特殊出生率は1.94と欧州連合で2位だそうです。柔軟な家族制度に加え、子供一人につき最長3年間の育児休業を認めるなど手厚い公的支援も奏功したと仏政府はみているそうですが、日本とまったく違うのがここです。「新生児の48.5%は法的に結婚していないカップルの子供で、1人目の子供に限ると婚外子の比率が59%に達する。 」
つまりはシングルマザーが多いということですが、不思議なのは、シングルマザーでも子供を育てていける環境があるってことです。例えば育児休暇。日本では身分が保障されるというだけでほぼ無給ですから、シングルマザーだと長く休むと暮らしていけなくなりますでしょう。フランスではいったいどういう仕組みになっているのでしょうね。
日本でも母子家庭は増えていますが、最初からシングルマザーという人はそう多くはありません。大抵の場合は離婚して母子家庭になったパタンです。そして、母子家庭の平均年収はの240万。これが年々下がる傾向にあるのです。ちなみに一般家庭の平均年収は600万強で、こちらは年々上がる傾向にあり、差は開くばかりです。
240万で母子が生活できるのかといえば、持ち家か、借家か、育児を代わりにやってくれる人がいるかいないかで、生活の余裕も変わってくるでしょうが、かなり厳しいのは事実でしょう。
でもここの部分がクリアできて、女性が一人でも子供を産み育てることができる経済力と育児環境が確保できて、婚外子の比率がフランス並の48.5%になるとすると、日本の出生率は単純計算で2.48になります。もちろん婚外子でも構わないという社会になれば、今だと出来ちゃった結婚をしているカップルのうち、かなりの割合で結婚しないままのカップルも出てくるでしょうから、ここまで数字が上がるとは思えませんが、すくなくとも今よりもぐんと上がるのは確かでしょう。
今の政府の施策は、少子化対策と言いながら、少子化を解決しようとしているわけではなくて、両親がいて子供がいるというモデル的な家族形式を守ろうとしている。2つのことを一緒にしようとするので、どっちもちぐはぐで上手く行かないというか、今の現実社会に合ってないのだと思います。フランスの事例、もうちょっと真剣に考えてみる必要があるのではないでしょうか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。