ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


堀江被告の保釈認める
 証券取引法違反の罪で起訴されたライブドア社前社長堀江貴文被告(33)について、東京地裁は26日、保釈申請を認める決定をしたそうです。保釈保証金は3億円で、堀江被告側は小切手で全額納付したとのことでした。
 さて、この保釈保証金ですが、保釈される被告人の出頭を保証するために裁判所に納付する金銭のことで、裁判が終わるまでに逃げたり隠れたりしなければ、保釈金は返還されるとのことです。勝手に、そのまま国庫に納められるものだとばかり思っていた私は、全額返還されると知って、正直驚いてしまいました。
 ちなみに、保釈期間中に逃亡したり、証拠の隠滅、被害者への加害行為などがあると、保釈は取消され、保釈金も一部または全部が没収されるとのことでした。

 何故このような制度があるかといいますと、本来は、刑事裁判が確定するまでは被疑者は犯人かどうか決まっていない(推定無罪の原則)ので、出来る限り身柄を拘束することは避けなければならないということらしいです。無実であるにもかかわらず身柄を拘束され、その間家にも帰れず会社にも行けなくては、一般社会生活が送れないばかりか、会社を解雇されたりという大きな不利益を被る危険もあるからということでした。
 本人から、保釈の請求があったときには、下記の場合を除き裁判所は保釈を許可しなければならないということです。
①重い刑罰が科せられる特定の犯罪に課せられる犯罪を犯した場合
②被告人が以前に一定範囲の重大な罪の有罪判決を受けていた場合
③常習犯的なケース
④証拠を隠滅すると疑われる相当の理由があるとき、または目撃証人や被害者にお礼参りなどをするような危険がある場合
⑤氏名や住所が不明な場合

 まあ、ホリエモンはあまりに有名人なので、保釈されても、逃げも隠れもできないでしょうが、過去の事例を見ると、1991年のイトマン事件の被告人・許永中が特別背任罪に問われ際、6億円の保釈金を積んで保釈され、韓国へ逃亡の結果、全額没収となった例があるそうです。それにしても、保釈中の人が国外に出れるって、あまりにもずさんな管理だと思うのは私だけでしょうか。



スポンサーサイト

モデル賃金の35歳だけ500円の賃上げ
 シャープの春闘のお話。「35歳500円」の賃上げ(賃金改善)の妥結したという話でしたが、実は、35歳の社員だけに限られたものだったそうです。つまりは、「2006年4月1日現在の年齢が35歳の者に限り、500円を加算」ということで、他の年齢の社員は賃上げなしということです。
 まあ、賃上げに関してはコストを伴いますので、それそのものを部外者がとやかくいうことではないとは思いますが、同社の労働組合の「目標をクリアし、ストライキを回避するための苦肉の策だった」というコメントはいただけませんね。これを言ったのが、同社の会社側だったら分りますよ。会社側が「ストライキを回避するために、35歳だけピンポイントの配分でなんとか押し切りました。」というのならば、「確かに苦肉の策だわね。」と思います。けれども、労働組合側が、何故にストライキを回避するためにこんな提案に合意したのか、ちょっと理解できないですね。
 シャープの組合員さんは納得したのかしら?他社の労働組合のことなのでよくは分りませんが「組合脱退するほうが実質賃金の上昇になのでは?」と思った次第です。
 組織を超えたユニオンが、何かと話題の昨今。逆に、給料天引きの組合会費で巨大化した既存の労働組合は、その存続の価値を問われているのではと思うのは私だけでしょうか。

 ちなみに、賃上げ対象者は、組合員2万5000人のうち、1100人だったそうで、しかも、シャープの2005年4~12月期の連結決算は、売上高は前年同期比8・4%増の2兆672億円と、業績は好調だそうです。


竹島問題で「日本は冷静に対応すべき」 とは?
 TVのニュースでもやっていましたが、小泉首相が、日韓両国とも領有権を主張する竹島(韓国名・独島)周辺での海洋調査計画を巡り、韓国政府が撤回を求めていることに対して、「報告は聞いているけども、これは国際法にのっとって、しっかりと冷静に対応するよう指示しているところだ」と語ったそうです。
 既に無人島となってしまって、長年統治から外れてしまっているというのに、竹島問題とは実際は何が問題なのだろうと悩んでしまった私ですが、もしかして経済水域の問題等と複雑に関係しているのでしょうか。
 こんな島国でも領土問題というのは、こうしていくつかの歴史的問題を抱えて、未解決のまま現在に至っているのですから、国境を接する国々ではもっと複雑なのでしょうね。国境は人が決めるもの故に歴史の中で何度も塗り替えられて、「元々は。。。」という話は全然意味をなさなかったりします。 
 それでも竹島はまだ無人島なので住民問題がないだけ、ましなのでしょうね。そう考えると、世界中の無人島は、すべてどこかの国にはっきり属しているにのなのかしら。きっとどの国の領土でもない島もあるはず。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。