ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モデル賃金の35歳だけ500円の賃上げ
 シャープの春闘のお話。「35歳500円」の賃上げ(賃金改善)の妥結したという話でしたが、実は、35歳の社員だけに限られたものだったそうです。つまりは、「2006年4月1日現在の年齢が35歳の者に限り、500円を加算」ということで、他の年齢の社員は賃上げなしということです。
 まあ、賃上げに関してはコストを伴いますので、それそのものを部外者がとやかくいうことではないとは思いますが、同社の労働組合の「目標をクリアし、ストライキを回避するための苦肉の策だった」というコメントはいただけませんね。これを言ったのが、同社の会社側だったら分りますよ。会社側が「ストライキを回避するために、35歳だけピンポイントの配分でなんとか押し切りました。」というのならば、「確かに苦肉の策だわね。」と思います。けれども、労働組合側が、何故にストライキを回避するためにこんな提案に合意したのか、ちょっと理解できないですね。
 シャープの組合員さんは納得したのかしら?他社の労働組合のことなのでよくは分りませんが「組合脱退するほうが実質賃金の上昇になのでは?」と思った次第です。
 組織を超えたユニオンが、何かと話題の昨今。逆に、給料天引きの組合会費で巨大化した既存の労働組合は、その存続の価値を問われているのではと思うのは私だけでしょうか。

 ちなみに、賃上げ対象者は、組合員2万5000人のうち、1100人だったそうで、しかも、シャープの2005年4~12月期の連結決算は、売上高は前年同期比8・4%増の2兆672億円と、業績は好調だそうです。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。