ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


育児休業制度-スウェーデン企業を調査-
 内閣府は20日、育児休業を取りやすい環境を企業がどうつくるかを学ぶため、育児支援が整っているスウェーデンの企業1000社を調査した結果をまとめました。それによれば、日本では休業者の仕事を同僚が分担する傾向が強いですが、スウェーデンでは臨時契約社員を積極的に雇い、代替要員の確保に努めていということです。
 日本の出生率(03年)は1.29、スウェーデンは1.71。企業の育児休業取得率も日本の女性73.1%、男性0.4%に対し、スウェーデンは女性84.0%、男性79.2%。
 スウェーデンでは、育児休業がとられた企業の74.4%が臨時に社員を雇い、仕事の穴を埋めています。短期就労の新卒者や転職者、派遣社員など、人材の供給源が多く、引き継ぎも丁寧にされているということです。
 一方日本では、アルバイトなど臨時雇用で補充した企業は約40%。社員個々の仕事を短期的に引き継ぐことが難しく、企業もコストを優先するため、補充なしで対応しがちだということでした。

**************************
 「効果があがっている実績のある取り組みは、取りあえず片っ端からやってみる。」くらいの機動力がないと、この問題は、のんびり研究などに時間を費やしたら、もう撮り返しがつかないことになるでしょうね。「走りながら考える」ことが大切でしょう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/113-89d302e1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。