ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<中絶禁止法>米サウスダコタ州で成立 7月から施行
 米国サウスダコタ州のラウンズ知事は6日、州議会が可決した妊娠中絶をほぼ全面的に禁止する法案に署名した。7月から中絶は州内では違法行為となる。サウスダコタ州の法律は「受胎の時点で生命が始まる」と明記され、中絶手術を行った医師に禁固5年と罰金5000ドルを科す内容。レイプや近親相姦(そうかん)の被害者が中絶することも禁止している。

*******************

 基本的にアメリカの州制度がわかっていないのですが、この法律はサウスダコタ州内では禁止ということで、罰則は中絶手術を行った医師に科せられるのですよね。だとしたら、隣の州で手術を受けるのは合法ということでしょうか。
 更に気になる点としては、このサウスダコタ州は子供に対する福祉は、十分に行き届いているのでしょうか。日本だと、望まれない状況での出産は結局すべて母親となった女性が一人で全てを背負うことになりますでしょう。そういう社会状況の中で、こういうニュースを聞くと「あり得ない。」と思うのですが、アメリカだと状況が違うのでしょうか。
 経済的に子供を育てられない場合や、親に育てる気力がない場合等は、州でちゃんと最後まで育てる支援策があるのでしょうか。
 特にレイプ等の場合、女性はそんな事実そのものを忘れてしまうことで、なんとか通常の生活に戻れるものだと思うのです。でも、子供が生まれてしまったら、忘れるところか、毎日その事実と直面して生きていかねばならないことになるでしょう。生まれてきた子供を愛せるかといえば、かなり難しいと思うのです。顔も見たくないと思う可能性も大でしょう。
 レイプの被害者を救済するどころか、一生その被害の枷から逃れられないようにすることになると思うのですが、そういうのはまったく考慮されないのでしょうか。ある意味、あまりに惨い人権侵害のような気がします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/154-ee6efac6

サウスダコタ州について

サウスダコタ州サウスダコタ州(South Dakota SD)は、アメリカ合衆国|米国の中北部にある州。州の北はノースダコタ州に、東側はミネソタ州とアイオワ州に、西側はモンタナ州とワイオミング州に、南側はネブラスカ州に接している。州の中央にはミズーリ川が南北に流れている。 世界の企業【2007/02/07 17:56】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。