ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<母子手帳>父親も交付対象
 自民党の新人衆院議員でつくる「男女共同参画新人議員勉強会」が、妊娠、出産に伴う母性保護などについて定めた母子保健法改正案を今国会に提出する方針を決めたニュースが流れていました。これは、父親の育児参加を促すため、「母子健康手帳」を父親も交付対象とする「親子健康手帳」に改めるのが柱ということで、同党執行部も改正案を後押ししているそうです。

 これはニーズがあるのでしょうか。具体的にどんなメリットがあるのかもほとんど想像できませんし、父母どっちでも交付可能なものだとすれば、実質これまでと何の変化もないと思います。「男女共同参画」の第一歩として啓蒙的に取り組むという意味はあるのかもしれませんが、このようなあまり意味のない法案を国会で審議する時間があるのだらば、夫婦別性法案を審議してほしいものだと思います。本気で「男女共同参画社会」を実現したいのならば、こちらの法案のほうが何倍も実質的な効果が見込めるでしょう。

 少子化対策のために、様々な取組みがなされていますが、そういう施策はないよりはあったほうがいいかもしれないけれども、利用者はいないでしょうと思ってしまうものを多々見うけます。そういう施策を出して行くことで、社会全体として少子化対策に取組んで行こうというコンセンサス作りには、なるかもしれませんが、これらは決め手となる施策ではない。
 もっと真正面から考えた施策を打ち出していかなければ、いまの流れは止められないと私は思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/155-eef20b15



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。