ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


凶悪犯罪から学校を守るセキュリティ・システム
学校や生徒を犯罪から守るシステムに関するニュースを見つけました。

4月15日より、学校向けセキュリティ・システム「セコム・スクールセキュリティ」がセコムから発売されます。セコム・スクールセキュリティ」は、「通用門での出入管理」「不法侵入者の監視」「カメラによる画像記録」「敷地内の巡回」「不審者への威嚇」「生徒の登下校情報」「通学路のセキュリティ」を職員室に設置する管制システムで一元管理するもので、下記のような特徴があります。

1.「校内の在否確認」と「通学路のセキュリティ」を一体管理
位置情報提供サービス「ココセコム」の専用端末に、新たにICタグを組み込み、学校玄関などに設置された専用アンテナにICタグ付き「ココセコム」の専用端末をかざすことで、登下校情報を保護者の携帯電話などにメール通知。学校を一歩出ると、「ココセコム」により通学路の生徒の位置情報が取得可能。また、ICタグを名札に埋め込み、受信機で読み取ることによる校内の在否確認も可能。

2. 校門・通用門の出入管理
校門・通用門に、監視カメラと、電気錠と連動したインターホンを設置することにより、来客や業者の出入管理を行いう。出入管理機能付きのくし型ゲート、金属探知機付きゲートを設置。不審者の侵入防御や凶器の持込みを監視。さらに異常が発生した場合には、職員室の管制システムに異常を送信。

3. 常駐警備員または、「セコムロボットX」による敷地内の巡回監視
学校敷地内の巡回は、常駐警備員、または屋外巡回監視ロボット「セコムロボットX」により実施。不審者発見時、危険が予測される一次対応は、常駐警備員、または今後発売する「セコムロボットX」が行い、職員の不安や危険を軽減。必要に応じ、職員の訪問者対応にも同行。

****************

子供たちの通学路の安全だけでなく、学校内での安全の確保が問題になっている昨今、職員の方々の取り組みだけに頼るの難しい状況にあると思います。実際に来訪者に対応した職員が犠牲になる事件も起きていますし、生徒だけでなく職員の方々の安全を守るシステムは、かなり現場でのニーズが高いのではと思います。
屋外巡回監視ロボット「セコムロボットX」は今後発売予定とのことでしたが、いったいどういう機能を持ちどういう形状をしているのか、興味深いです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/16-098e554c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。