ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今更ですがやっぱり間違っていたのではないかと。。。
郵政3事業が民営化された10月1日、全国で68の簡易郵便局が一斉に閉鎖されたということです。

日本郵政公社から業務を委託されていた個人や農協などが民営化を機に受託を打ち切ったためで、1日現在の簡易局4299のうち、「一時閉鎖」は417局となり、8月末現在の310局から107局増えたということでした。

******************

この他にも、過疎の地域では、集配局が統合されてサービス低下が懸念されていますし、窓口やポストが減ったことで、不便な生活を強いられている住民も増えています。
こういう統廃合の影響を大きく受けるのは過疎の地域ですので、そこに住んでいるのは高齢者の方が多いことを考えると、サービスの低下は、大きな問題ではないでしょうか。
郵便局が無くたって、宅配のメール便があるでしょうとか、郵便局の窓口がなくたって、ネットバンクで送金だって振込みだって自由自在でしょうとか、ポストなんてコンビニの中にもあるでしょうとか言うのは、便利な場所で、便利な生活をしている人の言うことだと思うのですよね。それはまるでマリーアントワネットが「パンがないならケーキを食べれば良いでしょう。」と言ったのと同じくらい無知な発言だと思うのです。過疎の地域の高齢者の生活について、政治家は本当に知っているのでしょうか。
民営化すればサービスが向上すると言って国民を欺いた政治家には、本当に現状を良く見て反省してほしいですし、きちんと対策を考えてほしいです。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/186-13ffe609



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。