ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


親族ウソで「死なせ」忌引不正取得、京都市が53人処分
京都市は7月、服喪休暇を虚偽申請した環境局職員を処分したのを機に、出勤簿が残る過去5年分について全庁調査を実施しました。その結果、環境局・区役所・小学校などの職員43人が「親せきが亡くなった」とうそをつくなどして有給の服喪休暇(忌引)を不正取得していたことがわかり、管理監督責任を含め53人を処分したということです。

43人のうち、服喪休暇の対象と誤って申請したのが7人。残り36人は虚偽申請。上京消防署総務課の女性職員(49)は12回、西京区役所総務課の男性職員(43)は10回、それぞれ休暇を不正取得していた。ともに停職6カ月の処分となりました。

明らかに故意に取得した36人については過払い分の給料の返還を要求するということですが、返還額が100万円を超える職員もいるということです。

************************************

民間では忌引も十分に取れない人もいますのに、有給休暇も十分に補償されている公務員で、このようなことはあってはいけないでしょう。他の自治体でも、調査すべきだと思います。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/192-475a640a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。