ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


福岡で震度5強最大余震
 20日午前6時11分ごろ、福岡市で震度5強を観測する地震が発生しました。震度6弱を記録した三月二十日の福岡県西方沖地震からちょうど一カ月。震源地は福岡県西方沖で、震源の深さは約14キロ。マグニチュード(M)は5・8。更に、午前6時22分ごろと午前9時9分ごろにも、震度4の余震がありました。
 この地震の影響で、山陽新幹線博多-小倉間で一時運休したほか、JR博多駅発着の列車がすべて運行をストップ。九州自動車道の一部や福岡市の都市高速道路、西九州道全線が通行止めになりました。西鉄天神大牟田線、福岡地下鉄も運転を見合わせ、市民の通勤の足に大きな影響がでました。

 この地震で、福岡市の女性(41)が自宅で肩の骨を折るなどし、少なくとも重傷5人を含む56人がけがをしたそうです。島民のほとんどが避難している玄界島では住宅1棟が全壊し、福岡市などでも74棟が一部損壊しました。
 玄界島の住民が避難している同市中央区の九電記念体育館で窓ガラス3枚が割れ、福岡空港の第1ターミナルビルでもガラス6枚が破損。また、同区の福岡魚市場では、岸壁に約200メートルにわたり約20センチの段差や亀裂が生じました。このほか、ビルの壁が崩落したり、コンビニエンスストアで商品が棚から落ちるなどの被害が出ています。

 気象庁によると、余震域は玄界島をはさんで北西から南東方向に約30キロ。3月20日の本震の後、今月20日午前10時までに体に感じる余震は311回。新潟県中越地震では、発生から1カ月で約800回あり、同庁は福岡沖地震の余震について「プレート(岩板)の中で起きている地震の余震としては標準的な減り方をしている」とみているそうです。

**********************************

 昨夜、福岡北部はまるで暴風並の雨風に襲われ、それだけでも不安な夜を過ごした方も多かったと思いますが、更に本日の明け方、大きな余震が発生しました。
 先週末から、余震の回数も減って、そろそろ収束したのかしらという気持ちになっていたところに、いきなりの大きな余震。本当に驚きました。最初はガタガタっと揺れて「あれまた地震?」を目をさましたところに、更に大きな揺れががぁ~~~っと来て、その揺れは本震の時と同じものでした。「嘘でしょう!勘弁してよ!」と心の中で叫びながら布団を放り出して起きあがると、揺れは収まっていました。前回の本震の時は、この「嘘でしょう!」と思ったあとに更に20秒以上揺れましたので、それに比べれば、揺れが持続しなかった分、今回の方がマシだったように思います。
 それでも、大きな地震とそれに続く度重なる余震で、街の中、あちこちガタがきていたためか、かなりの被害がでています。まだまだ予断を許さない状況のようなので、引き続き地震に対する警戒と対策が必要なようです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/22-0bac6d46



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。