ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原因はチェックミス「ウイルスバスター」で障害
 コンピューターウイルス対策会社「トレンドマイクロ」のソフト「ウイルスバスター」の更新ファイルの不具合により、23日、企業などのパソコンが正常に作動しなくなった問題で、同社が更新ファイルの完成後、不具合をテストしないまま配信していたことが分かりました。
 更新ファイルは、新たに現れたウイルスを駆除できるよう、ウイルスバスターを最新状態にするためのデータ。同社の大三川彰彦・日本代表は23日夜、記者会見し、「ファイルの完成後、必要なテストをしなかった人為的なミス」だったことを認めました。
 ウイルスバスターは国内で最も普及しているウイルス対策ソフトの一つで、9か国語に翻訳され、日本を含む25か国で販売されています。

 主な被害状況としては、共同通信など全国の報道機関やJR東日本などで、パソコンが起動しなくなったり社内LANに接続ができなくなったりする現象がおきました。このほかに朝日新聞やホテルニューオータニなどでも一部に障害が出、産経新聞でもパソコンの一部から社内LANに接続できない状態になりました。また、一般家庭のパソコンでも同様のトラブルが起き、同社には企業や個人から七万件を超える問い合わせ電話が殺到したということです。

 トレンドマイクロでは、ホームページ(HP)で復旧手順を説明していますが、今回の不具合でパソコン自体が動かず、HPそのものを見ることができなかった利用者も多かったと見られ、同社には個人利用者や企業から7万件を超す問い合わせが殺到したということです。

****************

 ウィルス対策のソフトがウィルスになるという、前代未聞のニュースです。ウイルス検出の更新ファイルの使用者は、一般に自動更新の設定をしていることが多いので、今回のようなケースの場合は、利用者には防ぎようがありません。
 それにしてもこういう問題でPCが立ち上がらなくなったりネットに接続できなくなると、HPをアクセスして情報を収集することも、新しいファイルをダウンロードすることもできなくなり、オフラインでの作業が必要となります。今やほとんどのことはオンラインでという方向ですが、オンラインが使えなくなった時の対策については、いつも想定して何らかの対処方法の道をつくっておく必要があると思いました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/26-9bf97167



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。