ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


入試の「赤本」に著作権クレーム 
「赤本」の通称で知られる、大学別に編集された過去の入試問題集に入試問題に使われたエッセーや論文をそのまま掲載していたところ、「著作権が侵害された」とクレームがつき、出版元の世界思想社教学社(京都市)は、今春の受験生用の05年度版「赤本」では掲載に承諾が得られなかった作家らの文章について削除するなどの対応をとったそうです。
 また、27日には04年度版に無断転載されたとして、作家、学者ら12の個人や団体が同社を相手に計734万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしました。原告側は30校あまりの「赤本」で無断転載があったと主張。「出版物への転載は、事前に著作権者の許諾を得て使用料を支払うことが必要だ」として、それぞれ使用料に相当する約190万~約14万円の支払いを求めているそうです。
 同協会によると、会員の作家らが99年から学校や塾で使う教材の出版会社、進学塾などを相手に相次いで著作権侵害訴訟を起こしており、今回はそれに続くものです。入試の過去問題集をめぐり出版元を訴えたのは初めてということでした。

*********************************

 過去の入試問題集は、受験者にとってはとても重要ですので、著作権問題で、問題集が不完全なものになるとすれば大きな問題になると思います。著作権をきちんと払ってつくるというのが本筋だとは思いますが、それを利用するのが学生であることを考えると、著作権料がダイレクトに価格に跳ね返ってしまうのはいかがなものかなとも思います。また、著作権の問題で、良質な作品が教育の場に提供されないようなことになれば、それもまた問題だと思います。
 例えば郵便料金でも、通信教育の教材等の送料は、一般の郵便に比べて格安になっていますが、これと同じように、教育に関する問題集や参考書に載せる作品については、著作料を格安にするなどの優遇措置があってもいいように思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/30-a7fe1494

過去問の著作権について様々な視点

入試問題と著作権の問題についての僕の意見と対案はこちらに記した。 入試問題の著作権についてweb上では他にも様々な方が語っておられるので、バランスを取る意味でも、いろいろな視点からここにリンクをまとめていこうと思う。 「入試問題と著者」 実際に自分の文章が 入試過去問と著作権を考えるblog【2006/01/29 16:29】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。