ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9月にも国会へ通告-12月イラク撤退で調整-
イラク南部サマワに派遣されている自衛隊について、2つのニュースが流れていました。
まずは現地治安に関する記事

◆5月1日夕、陸上自衛隊が活動するイラク南部サマワに、自衛隊の安全確保などに当たるオーストラリア軍の本隊第1陣が到着し、旧オランダ軍宿営地「キャンプ・スミッティ」入りしました。今後、5月半ばまでに順次イラク入りし、総勢450人がムサンナ州の治安維持などに当たるということです。大野防衛庁長官は3日、シドニーにて、オーストラリアのヒル国防相と会談し、自衛隊の駐留するイラク南部サマワの治安維持のため、豪軍が450人を増派したことに改めて謝意を表明しました。

次に自衛隊撤退に関する記事

◆ 4日、政府はイラク南部サマワなどで活動している自衛隊について、イラク復興支援特別措置法に基づく基本計画の派遣期限が切れる今年12月に撤退させる方向で調整に入りました。現地情勢を見極めた上で、9月上旬にも撤退の方針を国会や関係国に通告する方向です。年末にイラクの正統政府が誕生し、国連安全保障理事会決議による多国籍軍の駐留期限も切れるスケジュールに合わせた検討で、政府は政府開発援助を軸にした支援に切り替える方針とのことです。イラク派遣の連合軍では、イタリアが段階的な撤退方針を示し、ポーランドも来年初めの撤退を表明しており、こうした動きも政府の検討に影響していると考えられます。

***********************

 オランダ軍の撤退にあわせて、自衛隊も3月に撤退できれば一番よかったのでしょうが、その機会を逸してしまったので、、今後どうなるのだろうと心配していましたが、ようやく撤退の具体的な時期が見えてきて、一安心しました。このまま、12月まで問題なく期間を満了し、安全に帰国されることを心から祈っています。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/37-0fba2a30



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。