ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


男女平等社会ランキング-日本は58カ国中38位-
 16日、「世界経済フォーラム」が発表した主要58カ国の男女格差(ジェンダーギャップ)の少なさを指数化してランキングで示した報告書によれば、北欧諸国が上位を占め、日本は38位となっていました。
 この順位は、国連のデータや聞き取り調査などに基づき、女性に関する経済への参加度、雇用機会の均等性、政治的な決定権限、教育機会の均等性、健康への配慮の5分野を指数化して算出されたものです。トップ10は以下の通り。
  1. スウェーデン
  2. ノルウェー
  3. アイスランド
  4. デンマーク
  5. フィンランド
  6. ニュージーランド
  7. カナダ
  8. 英国
  9. ドイツ
 10. オーストラリア

 ちなみに、米国は教育では8位と高位でしたが、出産・育児休暇の少なさなどから17位に。全体的にイスラム教の国々は下位で、最下位はエジプトでした。アジアのトップは中国の33位で、韓国は54位となっていました。
 日本は、健康分野ではスウェーデン、デンマークに次ぐ3位でしたが、政治的な決定権限で54位、雇用機会の均等性では52位と低迷。

※「世界経済フォーラム」は世界の政財界の指導者が集う「ダボス会議」の主催者である民間研究機関で本部はジュネーブにあります。

******************************

 日本が取りあえず38位にランクしたのは、多分、健康分野で3位となったのが大きな要因でしょう。それがなければ、韓国と同じく50位代に留まった可能性大です。解説では「全体的にイスラム教の国々は下位」という文言がありましたが、政治的分野や雇用機会の分野では、残念ながら、日本は男女平等後進国と言っても過言ではありません。これまでも、このような統計結果が出るたびに「男女平等社会へ」と掛け声だけは
上がるのですが、最近の傾向をみると、実際の社会の動きは、ますます格差拡大の方向に動いているようです。男性と女性の賃金の格差はここ数年で、またぐっと開いたという統計結果が出ていました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/49-5ee805ae



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。