ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「元素周期表」大人気-文科省10万枚増刷- 
 文部科学省が無料配布用に作った元素の周期表が人気を呼び、新たに10万枚増刷して実費販売することになりました。初版10万枚は底をつき、すでに1万件以上の購入希望が寄せられているとのこと。予想外の人気に関係者も驚いている。
 「一家に1枚周期表」と名付けられた周期表は、化学者の玉尾皓平・理化学研究所フロンティア研究システム長が、京都大教授だった数年前から構想を温めてきもので「自然も機械も、あらゆる物質は元素記号で書けるという事実を、家庭で話題にしてほしい」と文部科学省に働きかけ、同省が約100万円の予算で事業化したものです。
 A2判のカラー印刷したポスター型。1番元素の水素から、日本人研究者が昨年見つけた113番元素までを、その元素を含む代表的な物質や製品の写真と一緒に紹介しました。日本人ノーベル賞受賞者の写真を添え、日本の科学技術力もアピールしています。
 初版10万枚は約半分を全国の小中高校に送り、残りを一般向けに充て、4月の「科学技術週間」の行事で配ったところ、人気沸騰。販売を代行する科学技術広報財団によれば「学校単位の大口注文もあるが、大半は一般家庭の注文」とのことです。
 玉尾さんは「学校で習ったなあという程度の元素記号が、暮らしと直結する形で、全体像を見られるのが興味を引いたのでしょう」とコメントしています。
 増刷分については、6月上旬から発送が始まります。価格は1枚100円(100枚以上購入なら1枚30円)。申し込み・問い合わせは同財団まで。

*************************************

 何故に元素周期表が人気なの?私が高校生の頃は教科書に、もれなく付いていて「スイヘリーべーボクノフネ」など暗記したものですが、今は高校の化学では取り扱わないのでしょうか?小学校中学校で人気なの?とても不思議な現象です。でも、この記事を読んで密かに私も購入しようと思っております。(笑)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/62-5e4c3145



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。