ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京高裁「スーパーフリー」和田元代表の控訴を棄却
2日、東京高裁にてイベントサークル「スーパーフリー」の集団暴行事件で、準強姦罪(ごうかんざい)に問われた元代表の和田真一郎被告(30)(早稲田大を退学処分)の控訴審判決が行われました。
 仙波厚裁判長は「悪らつな犯罪集団と化した団体の代表として、率先して犯行に及んだ」と述べ、懲役14年とした1審・東京地裁判決を支持し、和田被告の控訴を棄却しました。

 一連の事件で計14人が起訴され、和田被告以外はすでに実刑が確定しています。和田被告はナンバー2とされた会社役員(29)(懲役7年6月が確定)との量刑の差や、一審判決で「被害者に落ち度がない」としたことに、不満を示していました。

 判決は「強大な発言力と影響力でメンバーを統制し、常習的に犯行を繰り返した」と非難。「意図的に女性を泥酔させた訳ではない」という和田被告の主張に対しては、「狙いを定めた女性に集中的に酒を飲ませており、被害者に落ち度はない」と述べました。

*************************************

 この事件。発覚した当初は和田被告が合意の行為で違法ではないとさえ言っていたわけで、ここに来ても「被害者にも落ち度がある」と思っているわけですから、多分本当の意味での反省はしていないと思います。私に言わせれば、こんな歩く凶器が、たった14年で社会に戻ってくると思うだけで恐ろしくなります。性犯罪者が社会に復帰する条件として去勢手術を受けることを必須にしてもらいたいくらいです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/65-d68467f4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。