ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


70市町村が「提供不可能」-年金未納者の所得情報-
 6日、社会保険庁が全国社会保険事務局長会議で示した資料によれば、国民年金保険料の未納者に対する強制徴収を進めるため、社会保険庁が市町村に被保険者の所得情報提供を申し入れたのに対し、4月15日現在で全国の70市町村が個人情報保護条例との関係で「提供不可能」と回答していることが明らかになりました。
 社保庁は4月15日現在で、全国の2417市町村すべてに所得情報提供を申し入れていますが、これに対し、70市町村が「提供不可能」と回答しています。理由として、3自治体は「審議会の答申を受け、提供はできない」と回答。56自治体が「審議会などで協議中」、11自治体が「個人情報保護関係の審議会の結論を待って対応を決定する」と回答したとこのことです。

 2002年度より国民年金保険料の徴収が市町村から社保庁に移管されたため、社保庁では被保険者の所得情報を得られず、強制徴収できない状態になっています。これが移管前は7割台の納付率が、63・6%(2004年度)まで低下した要因と指摘されていました。このため、年金改革関連法で、国民年金法の被保険者の調査についての条文に、「収入の状況に関する書類の提出」を市町村を通じて未納者に命じることができることを明記した。

 地方税法の守秘義務をめぐっては、公営住宅事業主体の長が、市町村を通じて入居者の収入状況を調査しても違反にならないとする1963年の内閣法制局見解があり、社保庁は年金関係の場合も同様だとしています。また、昨年成立した年金改革関連法により被保険者の所得情報提供申し入れは可能となっていることなら、社保庁は提供は問題ないとする政府の見解を説明し、不可能としている自治体の理解を得たいとしています。

 社保庁は2003年度に36件、04年度に110件の国民年金保険料の強制徴収を実施しました。05年度からは、年収500万円以上を基準に十分な所得のある未納者に対する強制徴収を強化する方針とのことです。

*******************

 こういうのを「お役所仕事」とか、「縦割り行政の弊害」とかいうのでしょうか。年金未納の問題は国家的な大問題ですし、年金を納めない人が増えれば、将来生活保護支給対象が増加するリスクも高まるわけで、地方自治体としても積極的に協力すべき事だと思うのですけれども、管轄外だから協力しないということなのでしょうねぇ。
 それにしても納付率が低いのも驚きですが、もっと驚いたのが強制徴収実施件数。これは全国の話なのでしょうか?全国だとすれば、03年は、各都道府県でいうと平均1件以下、04年でも3件以下ということですよね。未納の問題は大きな問題といいながら、本気で何とかしようとは思ってないのではないの疑惑を持ちました。
 やはり年金保険料の徴収は税金とセットにすればいいと思います。介護保険料も同じくセットにする。給与所得者は毎月給料から天引きされるので、国も取りっぱぐれがないわけで、同じ様に自営業の方々からももれなく徴収するために、確定申告と当時に年金保険料も介護保険料も徴収すればかなりの徴収率になるでしょう。ついでに過去の未払い分もきっちり徴集してほしいものです。
 介護保険料未払いの方の中には、確定申告もしていない人もいるでしょうが、そういう方々は脱税でもしていない限り、所得が低くて保険料を払いたくても払えない人だと思うので、まずは確定申告できるくらい稼いでいる方々からの確実な徴収の仕組みを確立して、早急に実施してほしいものです。このままでは05年も、強制徴収実施件数、各都道府県平均5件以下なんて結果になるのは目に見えています。
◆◇◆関連のプロブ紹介◆◇◆

 ■高齢化社会を支える(その2)-国民年金保険料納付率を高める-
「紗綺のつれづれ日記」でもちょうど同じような話題を語っていました。参考にどうぞ。
 ■年金未納者の所得情報、70市町村が「提供不可能」
 「払わない人の方が結果的に得してしまう状況」が現在の年金問題の大きな部分を占めてるという指摘。確かにその通りです。
 ■年金未納者の所得情報、70市町村が「提供不可能」
 所得情報を社会保険庁に提供することで、自治体に生じるデメリットは何か?興味があるところです。
 ■年金未納者とプライバシー
 「プライバシーの保護も大切だが今回はそれとは問題が違う」というご意見。世間には違いがわからない方々も多いのでしょうねぇ。
 ■年金未納者の所得情報、70市町村が「提供不可能」 (読売新聞)
 「電気・携帯料金などと一緒に徴収すればいい」というご意見。徴集方法にはいろいろ考えられますよね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
法律上の根拠で教えないというのですから、法改正するか権限が薄い保険料という仕組みはやめて「保険税」にするしかないと思います。
【2005/06/12 12:48】 URL | G3 #EBUSheBA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/70-9bbb6c2c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。