ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


村上ファンド、米系と共同でカネボウの大株主に
 10日、村上世彰氏が率いる「村上ファンド」が、米系投資ファンドと共同で、カネボウの株式を大量に買い集め、大株主になっていたことがわかりました。、村上ファンドと米系投資ファンドのスティール・パートナーズが、一般の市場取引を通じてカネボウ株を買い進めたということです。
 カネボウは産業再生機構の傘下で経営再建中で、13日に東京証券取引所と大阪証券取引所で株式の上場が廃止されることが決っており、10日は市場での取引最終日でした。

 一時は両ファンド合わせて発行済み普通株式の半数近くを取得した模様ですが、カネボウは7月下旬にカネボウ化粧品を引受先とする200億円の増資を計画しているため、これが実施されると、現在51%を出資する産業再生機構とカネボウ化粧品を合わせた議決権比率は約70%に上昇する見込み。村上ファンドなどの議決権比率は20~30%に低下する見通しです。

 これまで村上ファンドは、西武鉄道や大証などの大株主となり、経営戦略や配当政策などで厳しい注文を突き付ける「もの言う株主」として知られ、村上ファンドの意向が、カネボウの再建にも影響を与える可能性も出てきました。大株主として村上ファンドなどがカネボウの経営にどういう注文をつけていくか注目されます。

***************************************

 上場廃止が決った会社の株を買い占めるってどういう狙いなのでしょう?経営戦略や配当政等、お得意の「株主に還元を」と迫っても、今のカネボウには還元できるものはないでしょう。しかも、再建に失敗して倒産にでもなれば、株はただの紙くずになるのでしょう?村上ファンドって、その会社の本業の安定成長の結果株主も潤うというある程度時間をかけて「企業を育てる」という印象はなく、さりとて、ハゲタカのようにキャピタルゲインのみを狙って安く買って市場で売りぬくという商売でもなく、会社そのものを乗っ取るという話しでもなく、どっちかというと、既に沢山儲かっている会社の株を買って、株主への配当を迫るというスタイルだと思っていたので、今回の動きの狙いには興味があります。
------------------------------------------------
◆◇◆関連のプロブ紹介◆◇◆

 ■ 村上ファンド、カネボウの大株主に
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/74-406d4a00



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。