ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


群馬大医学部不合格-理由は年齢-
 今年度入学試験で、群馬大医学部を受験しいた女性(55)が、年齢を理由に不合格にしたのは不当だとして、医学部医学科入学の許可を求める訴えを前橋地裁に起こしました。訴状によると、女性は今年度入試で医学部医学科を受験したが不合格となりましたが、群馬大に個人情報の開示を請求したところ、センター試験と2次試験の総得点が、合格者の平均点を上回っていたことが判明。
 入試担当者に説明を求めたところ、55歳という年齢が問題となったという説明を非公式に受けたということです。原告は「年齢を理由とした不合格判定は合格判定権の乱用」と主張しています。

***************************************

 もし年齢制限があるのならば、最初から明記すべきではないでしょうか。そうすれば、この女性は、群馬大医学部は受験せずに他の大学を受験して合格して今ごろ医学生となっていた可能性もあったのです。55才という年齢は、確かに何かを学び始めるにはちょっと年を取り過ぎているかもしれませんが、だから尚更1年でも無駄にするわけにはいかないでしょう。
 社会的に、年齢で学府の門戸を閉ざすのはいかがなものかという議論や、それでも入学人員には限りがあるので、もっと未知の可能性を秘めた後人に道を譲るべきだとか、いろいろ議論・意見はあるとは思います。しかし、この女性のケースなどは、その議論の結果を待てはいられないと思うので、実質年齢制限ありという大学は、たとえ門戸を閉ざしたことで世間の批判を受けることになったとしても、きちんと事前に基準を示すのが誠意というものではないでしょうか。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/94-a184e952



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。