ニュースの小箱
新聞やネットで流れたその日のちょっとしたニュースを取り上げ、自分なりの分析や意見などをまとめていきたいと思います。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

紗綺



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


都議選 自民は現有議席割れ
 東京都議会議員選挙(定数127)は3日午後8時、投票が終了し、開票が行われました。投票率は43・99%%(男42・81%、女45・14%)で、前回50・08%に比べて6・09ポイント低下し、過去2番目の低さとなりました。

 今回の選挙では、42選挙区で220人が立候補しており、党派別の内訳は、自民党57人(現有51人)、公明党23人(同21人)、民主党51人(同19人)、共産党43人(同15人)、東京・生活者ネットワーク10人(同6人)、社民党1人(同0人)、諸派5人(同1人)、無所属30人(同4人)。

 選挙の結果、自民は第1党を維持しましたが、現有51議席を確保できずに48議席となりました。一方、民主は都議会第2党に浮上し、現有19議席の1.5倍以上の35議席に達しました。公明党は組織票を背景に候補者23人全員の当選を決めました。共産党は現有から2議席減の13議席。東京・生活者ネットワークは3議席で半減。社民党は候補を1人に絞りましたが落選となっています。

 今回の結果は、前回と比べ、小泉首相が掲げる構造改革への期待が膨らんでいないことを示しました。
 民主党は選挙戦で「反石原都政」を明確に打ち出した。同党が第2党に躍進したことは、石原知事の今後の都政運営にも影響を与える可能性がある。

 自民党は前回都議選で、発足直後の小泉内閣の高支持率が追い風となり53人を当選させましたが、今回は、50議席の勝敗ラインに届ず、小泉首相が掲げる構造改革への期待が膨らんでいないことを示しました。民主党は選挙戦で「反石原都政」を明確に打ち出し、原都政批判を展開したほか、選挙戦後半は、政府税制調査会が公表したサラリーマン増税色の濃い個人所得課税改革案に反対を唱え、争点化を図り、議席数を伸ばしました。

****************************************

 投票率が50%を切ってしまうというのは、どういうもことなのでしょう。選挙権は権利ではあるけれども、ここまで来ると、国民の半数が「権利の放棄=無責任」という構造に陥っている気がします。たとえ100%この人だと思える候補者や政党がなくても、消去法になっても、国民は必ず投票に行くべきだと思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
そうなんですよね。関係ないと思ってしまったら、ダメなんですよね。それにしても、有権者の半分も投票に行かないって。。。。。政治も問題なら有権者の意識も問題です。投票の方法をそろそろ変える時期なのかもしれませんね。
【2005/07/05 00:50】 URL | 紗紀 #OR1oSmd2 [ 編集]

投票率50%切るのは、嘆かわしいことですね。
国を憂い、自分の意志を国政に反映させたいのなら、投票には、必ず行くべきだと私も思います。国民が国政に直接参加するためには、選挙権の駆使が一番なのではないでしょうか?
【2005/07/04 19:50】 URL | じゅん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://todaynews.blog7.fc2.com/tb.php/96-c85130e2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。